歯は健康の要であると実感した経験

極度の面倒くさがりの父親は、一日の歯磨きをサボりがちでした。

しかし、70年間虫歯知らずの歯を保っていたことが不思議でした。

父曰く、「歯は磨きすぎるとダメなんだ」という主張を繰り返し、私も母も、「虫歯が無いのなら…」と思い、あまり深く言うことはしませんでした。しかし、70歳を過ぎた頃、口内に変化が現れ、これによって、父の生活は一変することになりました。歯は丈夫で虫歯はありません。

しかし、歯ブラシで刺激を与えなかったからか、刺繍ポケットのかきだされなかったプラークが原因か、歯茎が徐々に衰え、いつの間にか重度の歯周病になっていたのです。

酷い歯周病に気づく前、父は段々元気を失い、鬱のような症状も出始め、食欲が落ちて8キロも痩せてしまっていました。

それは、歯周病による菌が体内にどんどん侵入していたことや、歯茎が廃れ、かみ合わせが悪くなっていたことが原因だと思われました。

もっと早く歯のことに気づいてあげられればよかったのですが、それでも父はしっかりしていましたし、体調の管理は本人に任せきりでしたので仕方ないといえば仕方ありません。

父の体調不良の原因が明確に分かりましたが、そこからが大変でした。

もともと極度の面倒くさがりの父が、さらにやる気を失っているので、自分の健康の為に歯をしっかりと磨こうとする意欲を沸かせることがまず難しいことでした。

弱めの電動歯ブラシを購入し、父に渡しましたが、使いにくさを嫌がって全く使ってくれませんでした。

そこで、母、私、兄の3人が交互に父の歯を磨くことになりました。最初は嫌がり、無理やり磨かれていた父でしたが、次第に慣れてきたようで、磨きながら寝てしまうようにもなりました。

父の歯は、歯茎が痛そうなほど爛れてしまっていることを除いては、とても白くて綺麗で、頑丈そう歯だったので、とてももったいないと感じました。

3か月ほどそれを続けていると、次第に父の弱っていた歯茎も引き締まってきました。

父の行動にも変化が現れだし、とても元気になってきまして、その頃から自分で一生懸命歯を磨くようになりました。

半年たった今では、ご飯ももりもりと食べ始めた為、身体の栄養もつき、体重が元へ戻り、硬いものもしっかり左右両方の歯で噛んで食べられるようになったので、かみ合わせも良くなりました。歯は健康の要であるということを実感した経験でした。

自分も、そして家族の歯も、本当に大切にしてこれからも守っていかなければならないな、と感じます。

初の虫歯治療から歯磨きには注意するようになりました

私は40代の独身男性ですが、30代後半まで歯磨きは手抜きしてました。

恥ずかしい話ですが、一日の歯磨き回数は一回でした。しかもサっと歯磨きをするだけです。

起床時に歯磨きするだけで、昼・夜は基本的に磨きません。

口臭の原因となるようなものを食べた時は歯磨きしますけど、基本的には一日一回しか磨いてませんでした。

普通こんなズボラをしてると虫歯になって歯医者で治療してもらうことになりますよね。

こういう経験をして歯磨きはきちんとするようになるものだと思うんですけど、私は不思議と虫歯になったことなかったんです。

こんなズボラをしてても虫歯にならないんですから、歯磨きに一生懸命にならなくても問題はないと思って過ごしてました。

ただ歯磨きをしないと口臭がキツクなってしまうので、その為に起床時に磨いていただけです。

 

しかしこんなズボラをしてたら、40歳手前で虫歯になりました。

なったのは一番奥の親知らずです。

ほとんど歯茎の中に埋まってるような歯ですし、奥過ぎて鏡で見てもよくわからなかったんですよね。

しかし虫歯は進行していて、食事中に激痛を感じるようになりました。

すぐ歯医者にいったんですが、虫歯は治療ではなく抜歯をすることとなりました。

きちんと麻酔をしてくれていたので痛みとかは感じませんでしたし、術後のトラブルとかもなくスムーズに完治しました。

とはいえ、一日一回の歯磨きでは不足だったと痛感しましたし、この虫歯事件から歯磨きを日に二回するようにしました。

しかも歯磨きのクオリティも意識するようになりました。

以前は口臭対策に磨くだけなので、早く歯磨きが終わるようにゴシゴシ強めに洗ってたんですよね。

しかし強めに洗うよりも小刻みに歯ブラシを動かした方が歯茎の歯の間の汚れはキレイに落ちますし、虫歯にもなりにくいんです。

ですので歯磨きを丁寧に行うようになりましたし、全体的に一回磨くのではなく二回洗うようにしました。

単純に一回ではなく二回洗うことで歯磨きにかかる時間は倍になってます。

しかもその作業は以前より丁寧になってるんですから、さらに時間はかかります。

以前だと1.2分で歯磨きを終えてたのに、今は最低でも5.6分、時間を掛けれる時は10分ぐらいかけて丁寧に歯磨きしてます。

それだけ虫歯になるってことはショッキングだったんですよね。

 

もともと虫歯になりにくい体質もあるんでしょうが、丁寧に歯磨きをするようになってから虫歯にはかかってませんし今後も丁寧に歯磨きをしていくつもりです。

歯磨きの正しいやり方を成人してから習いました。

私は小さい頃から虫歯になりやすく、虫歯になる度に、歯医者に行き治療していました。成人してから、母親の紹介で歯医者を変えました。虫歯の治療が終わると、先生にまた来週も来るように言われました。

なぜ虫歯の治療が終わったののに行かなくてはいけないのかと疑問に思いました。

歯医者さんに行くと待ち時間があったり、治療時間が長かったり、時間がかかります。治療代も高いです。

時間とお金の無駄です。

先生に歯磨きのやり方を教えてあげるから来なさいと言われ予約しました。

そして、予約した日に先生から言われていた自分の歯ブラシを持っていきました。

まず、先生に言われたのが歯ブラシの歯の当て方でした。

歯茎近くを細かくブラッシングするようにと言われました。その後も歯の裏の磨き方や、奥歯の磨き方など、みっちり教えてもらいました。あと、歯間ブラシや糸つまようじの使い方を教えてもらいました。

私のイメージでは歯の間を掃除すると、すきっ歯になるのではないか思っていました。

勇気を出して、先生にすきっ歯にならないのかと聞いた所、正常の場合、歯茎がしまっていて多少の隙間があると教えられました。

私の歯の間は汚れや歯垢なので詰まっていました。

一通りの磨き方を教えてもらった後、汚れをとる超音波清掃をやってもらいました。歯茎が痛くて最悪でした。清掃後、うがいをしたら、血が沢山出ていました。

先生が言うには、歯茎の状態が良くないから、血が出ると言われました。血が出ても問題ないとも言われました。

歯周病になりかけてるから、ちゃんと歯磨きするように言われ、1ヶ月後、また歯の状態をチェックするということで、予約して帰宅しました。

会計時、先生オススメの歯ブラシと歯間ブラシを買わされました。最初はちゃんとやってましたが、だんだん面倒になり、1ヶ月後の診察を迎えました。

まず、先生にちゃんと磨いていないことがバレて怒られました。

そして、歯の病気に関するプリントを読まされました。そして超音波清掃などを行い、また1ヶ月後、予約をして帰宅しました。

それからは真面目に先生に言われたとおり歯を磨きました。すると、黄色かった歯も綺麗になり、歯の間を綺麗になりました。先生にも褒められて、定期検診の間は1ヶ月から3ヶ月になりました。歯周病も完全に治りました。

それから虫歯は数年に1回になりました。

私は気付いたら、歯磨きが大好きなり、現在は電動歯ブラシ、奥歯用歯ブラシ、普通の歯ブラシ、更に歯間ブラシを3種類、糸つまようじ1種類使用しています。

出張や旅行にも必ず持って行きます。歯磨きのやり方を習い本当に感謝です。

 

舌を縫う

 

20歳ころだったと思いますが、虫歯になってしまい、以前お世話になった歯医者で治療をしてもらいに行った時のことです。いつもはちゃんと院長先生がやってくれるのですが、その日はたまたま見習い(研修中?)の若い歯科医師が担当にあたっていました。何か嫌な予感がしたのですが、院長先生はいつまでも他の患者のところに行っているし、仕方ないので治療を始めました。

虫歯の歯のところを削り始めましたが、やはりまだ研修中なのか、練習台なのか、手際も悪く時間もかかり、「いつまでこの人、削っているのかしら?」と思うほど長く削っていましたが、口の中に入れていた唾取りの吸引ホースが私の舌を吸い込み、それに削っていた器具が巻き込まれ、器具が私の舌の付け根を切り裂いたのです。

よく舌を噛めば死ねると聞きますが、本当に死ねるけど死ぬほどの痛さという痛みで、私の絶叫は病院中に響き渡るほどでした。周りにいた他の患者さんや歯科助手さん、受付の人がみんなびくびくして見ていたり、飛んできました。

その間、当の研修医はおろおろして器具を抜くこともできず、院長先生を大声で呼ぶばかり。院長先生はさすがに他の患者を置いてすっ飛んできましたが、血まみれの私の口を見て絶句しておりました。

当り前ですが水で口をゆすいでも後から後から血は止まらず出てくるばかり。院長先生は「治療は今日は止めて、(舌を)縫うぞ」と言って、研修医をどかせました。

結局舌の付け根を4針縫いました。

口の中を切っても縫うことはあるので珍しくはないと思うのですが、舌を縫うとは恥ずかしくて人には言えませんでした。

しかも舌を縫うと話したり、物を食べたりすることがものすごく大変になるのですね。縫い終わったときはもう医者も私もぐったりしていまして、助手のお姉さんもいつもより親切でした。

しかし、腹の立つことはその後もありました。

当の研修医はそれっきり私の前に出てこず、結局最後まで「すみません」の謝罪は一言もなく、院長は院長で「僕がやったんじゃないけど、失敗は誰にでもあるしね、今度は気を付けると思うし、運が悪かったね」という態度で、虫歯の治療もろくにしなかったのに「縫い賃だ」といわんばかりに普通に治療代を請求されました。

抜糸は1週間後でしたが、その時も治療費を請求されました。

「なんで、虫歯の治療に行ってその治療はしないで、舌を切られて金をとられなくてはならないのか?」何度考えてもわかりませんでした。しかも、その経緯を親に電話もしてくれませんでしたので、私が家に帰って不自由な舌で説明しなくてはならなかったのです。

さすがに親も「病院変えたら?」と言いましたが。

その後、抜糸が終わり舌の傷も何とか回復したころ、「他の病院に行ってください」と他の病院を紹介され、その病院には立ち入り禁止状態にされました。

私、何か悪いことしたんでしょうか?誰がこの場合、悪かったのか言わなくてもわかりそうなものですけど。

歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじでお口の中を完璧ケア!

学生時代に銀歯が取れて歯医者に行きました。数年ぶりの歯医者でした。

銀歯が取れたところは虫歯ができていたので治療してもらいまたかぶせてもらい通院終了かと思っていたところ、歯石がついているので歯石の除去と歯ブラシ指導をしてくれると言われました。

歯石とはなんだという感じでした。よくわからないけどお願いすると、歯科衛生士さんが機械を使って何やらゴリゴリと歯のお掃除をしてくれました。

少し痛かったです。終わると鏡を見ながら説明してくれました。

一番わかりやすかったのは歯石を除去したことで、前歯と前歯間に隙間ができていました。鏡で見てわかるほとです。

それまでは隙間などなかったのですが、そういうものだと思っていました。

それが歯石、私はこのとき汚れのようなものと解釈したのですが、汚れがたまっていたなんてと衝撃を受けました。歯を赤く塗って歯を磨きうがいをし、赤く残っているところが磨けていないところ、というあのチェックもしました。

それをもとに歯ブラシの仕方のアドバイスを受けました。

この歳になってこんなに磨き残しがあって歯ブラシの仕方を教えたもらっているなんて…と少し恥ずかしかったです。

今後のアドレスとして、歯間ブラシと糸ようじの使用を勧めてもらいました。歯石を除去したことにより歯と歯の間に隙間ができて歯間ブラシが通るようになったのです。

歯間ブラシと糸ようじはそれまで使ったことはなかったのですが、歯ブラシをしたあとに使うとまだまだ汚れが取れるのです。

今まで歯ブラシだけで磨けた気になってこんな汚れを放置していたのかと思うと落ち込むほどでした。

その日からせっせと歯ブラシをして歯間ブラシ、糸ようじを駆使する日々が始まりました。

最初のうちは出血するが歯茎の悪いものを出している出血なので問題ない、そのうち止まると言われていました。

その通り、初めは歯ブラシのたびに出血していましたが、だんだんと少なくなり、歯間ブラシと糸ようじにも慣れた頃には出血しなくなりました。

1回歯間ブラシや糸ようじで歯の掃除をすると、毎日しないと気持ち悪くてくせになってしまったような感じでした。

それからは4〜6ヶ月に1回くらい歯医者に行って歯石の除去をしてもらうようになりました。

これだけ丁寧に掃除しているつもりでも、だんだんと歯石はついてきてしまうそうです。歯石の除去で歯医者に行くと、虫歯のチェックもしてもらえますしとてもいい習慣になったと思います。

歯磨きは私にとって大切な家族の思い出の1つです。

歯磨きと言えば、小学校などでは指導があり、歯の模型をみながら全員で歯磨きをする時間などがあった気がします。

私はその時間もなんとなく得意げな気持ちで過ごしていました。

というのも、私の実家は父が歯科医院を経営しており、歯磨き指導や検診に来るのは、父とそこで働いている歯科衛生士さんたちでした。

父はあまり、私に対して歯磨きを厳しく言う人ではありませんでしたが、小学校を卒業するまでは私も弟も、母に磨いてもらって、仕上げを父にしてもらうというのが日課でした。

これは当たり前のことだと思っていましたし、疑問に思う事はなかったのですが、大人になってから初めて特別な事だったと知りました。

歯磨きをしてもらう時は、父母の膝に頭を載せ、寝っ転がってしていたので、口を開けている間じゅう、父母の顔をじっと見ていました。

歯磨きをしているので、こちらは話が出来ないんですけど、父母は今日は楽しかった?

宿題とかも全部わかったの?今日のご飯はおいしかった?と、返事だけで済ませられる内容を話しかけてくれてそれにうなずいたり笑ったりしていた覚えがあります。

時には話したくてたまらなくなり、話し出して喉に唾が入ってきてしまってむせたこともありました。

そして、父母の歯磨きのおかげなのか、私と弟は小学校卒業まで虫歯は一つもありませんでした。

中学になると、自分で歯磨きをするようになったのですが、この時私は反抗期を人並みに迎えていて、父母へ対して無性にむしゃくしゃしていたりして、歯磨きをすることが嫌で仕方がないように思っていました。

なので、朝昼は歯磨きをしても、父に歯磨きをしなさいと渡される歯磨きは何故かしなかったように思います。

当時を振り返るとき、父はいつもそのことを少し寂しそうに話します。

そして大人になった今、私はあまり歯磨きが上手ではありません。

あんなにも一生懸命磨いてもらっていたのに申し訳ないんですけど、私は歯磨きをするとき必要以上に力を込めて磨いてしまうんです。

もしかしたら、小さな頃に自分であまりしなかったことが影響しているのかもしれません。

なので、歯ブラシは大体一か月で開いてしまいます。

そんな私の歯ブラシの状態を見て、父は「お前は歯磨きが下手だなぁ。」と笑うんですが、

私はその父の笑顔が好きなのです。

今でも私の歯の事を気にかけてくれているんだなと思う事と、父が歯科医師として健康で在り続けてくれている事が、私にとっては嬉しい事なのです。

結婚して嫁いでからも、実家に帰ると父は私の歯を見てくれます。

歯磨きは私にとってかけがえのない大切な家族の思い出です。

妊婦になって一番つらかった歯磨きの思い出

わたしは今現在妊娠して9ヶ月の妊婦です。

つわりはこれと言って、特にひどいこともなく、日常生活も問題なく過ごせてきました。しかし、唯一ダメだったものがあります。それが「歯磨き」。

最初は歯磨き粉の味がどうしても気持ち悪く、歯磨き粉をやめて、歯ブラシだけで磨くようにしました。

しかし、しばらくすると、その歯ブラシさえも口の中に入れた瞬間から嗚咽感に襲われるようになりました。

安定期に入り、さすがに妊娠6〜7ヶ月目に入ってくると、その症状も和らいできましたが、よくおじさんたちが歯磨き中に「オエー」となっている様子を見て、一歩引いてみていましたが、自分もまさか同じような状況下に置かれるとは驚きました。

その症状を通称「歯磨きつわり」というくらいで、そのような症状が起きるのは私だけに限らず、多くの妊婦にその恐ろしい悲劇が襲いかかるようです。

それによって妊婦は虫歯になる率も高く、特に歯周病になってしまった場合はお腹の中にいる赤ちゃんへ悪影響を及ぼされることが証明されたとのことから、地域によっては妊婦の歯科健診を補助し、推奨しているほどです。

どうしても歯磨きができない時期であっても、物を食べたり飲んだりはするので、歯間ブラシや糸ようじと呼ばれるもので、歯垢は取り除くようにしていました。

実際それを見込んで、妊娠したのが発覚したときに母子手帳などと渡される一式が入った袋があり、その中にも歯間ブラシが2つ入っていました。

このいわゆる「歯磨きつわり」、赤ちゃんへの影響は一切なく、私のお腹の子もすくすくと育ってくれていますが、やはり人間としてつらい症状であることにはちがいなかったです。

人によっては歯間ブラシもダメだということで、そうなった場合はなんとか自分の人差し指を使って磨くというのです。確かに歯ブラシが存在する一昔前はそうやって磨いていたので、一時策としてはいいかもしれません。

実際、以前塩づくりの現場を見に行ったときに、塩をつかって人差し指で歯を磨く体験をさせてもらったのですが、歯磨き粉を使うのと同じかもしくはそれ以上に歯がキュッキュッっと音をさせていたので、十分に洗浄効果はあるようです。

歯磨き粉をいつも通りに使っていては気がつかないようなことを、妊娠期間中だと試す機会も多く、改めて自分にとって最適な歯磨き方法や歯ブラシの選び方、歯磨き粉の選び方などが変わってきている感覚があります。

そう考えると、歯磨きは奥が深いと改めて感じたのでした。