初の虫歯治療から歯磨きには注意するようになりました

私は40代の独身男性ですが、30代後半まで歯磨きは手抜きしてました。

恥ずかしい話ですが、一日の歯磨き回数は一回でした。しかもサっと歯磨きをするだけです。

起床時に歯磨きするだけで、昼・夜は基本的に磨きません。

口臭の原因となるようなものを食べた時は歯磨きしますけど、基本的には一日一回しか磨いてませんでした。

普通こんなズボラをしてると虫歯になって歯医者で治療してもらうことになりますよね。

こういう経験をして歯磨きはきちんとするようになるものだと思うんですけど、私は不思議と虫歯になったことなかったんです。

こんなズボラをしてても虫歯にならないんですから、歯磨きに一生懸命にならなくても問題はないと思って過ごしてました。

ただ歯磨きをしないと口臭がキツクなってしまうので、その為に起床時に磨いていただけです。

 

しかしこんなズボラをしてたら、40歳手前で虫歯になりました。

なったのは一番奥の親知らずです。

ほとんど歯茎の中に埋まってるような歯ですし、奥過ぎて鏡で見てもよくわからなかったんですよね。

しかし虫歯は進行していて、食事中に激痛を感じるようになりました。

すぐ歯医者にいったんですが、虫歯は治療ではなく抜歯をすることとなりました。

きちんと麻酔をしてくれていたので痛みとかは感じませんでしたし、術後のトラブルとかもなくスムーズに完治しました。

とはいえ、一日一回の歯磨きでは不足だったと痛感しましたし、この虫歯事件から歯磨きを日に二回するようにしました。

しかも歯磨きのクオリティも意識するようになりました。

以前は口臭対策に磨くだけなので、早く歯磨きが終わるようにゴシゴシ強めに洗ってたんですよね。

しかし強めに洗うよりも小刻みに歯ブラシを動かした方が歯茎の歯の間の汚れはキレイに落ちますし、虫歯にもなりにくいんです。

ですので歯磨きを丁寧に行うようになりましたし、全体的に一回磨くのではなく二回洗うようにしました。

単純に一回ではなく二回洗うことで歯磨きにかかる時間は倍になってます。

しかもその作業は以前より丁寧になってるんですから、さらに時間はかかります。

以前だと1.2分で歯磨きを終えてたのに、今は最低でも5.6分、時間を掛けれる時は10分ぐらいかけて丁寧に歯磨きしてます。

それだけ虫歯になるってことはショッキングだったんですよね。

 

もともと虫歯になりにくい体質もあるんでしょうが、丁寧に歯磨きをするようになってから虫歯にはかかってませんし今後も丁寧に歯磨きをしていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です