歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじでお口の中を完璧ケア!

学生時代に銀歯が取れて歯医者に行きました。数年ぶりの歯医者でした。

銀歯が取れたところは虫歯ができていたので治療してもらいまたかぶせてもらい通院終了かと思っていたところ、歯石がついているので歯石の除去と歯ブラシ指導をしてくれると言われました。

歯石とはなんだという感じでした。よくわからないけどお願いすると、歯科衛生士さんが機械を使って何やらゴリゴリと歯のお掃除をしてくれました。

少し痛かったです。終わると鏡を見ながら説明してくれました。

一番わかりやすかったのは歯石を除去したことで、前歯と前歯間に隙間ができていました。鏡で見てわかるほとです。

それまでは隙間などなかったのですが、そういうものだと思っていました。

それが歯石、私はこのとき汚れのようなものと解釈したのですが、汚れがたまっていたなんてと衝撃を受けました。歯を赤く塗って歯を磨きうがいをし、赤く残っているところが磨けていないところ、というあのチェックもしました。

それをもとに歯ブラシの仕方のアドバイスを受けました。

この歳になってこんなに磨き残しがあって歯ブラシの仕方を教えたもらっているなんて…と少し恥ずかしかったです。

今後のアドレスとして、歯間ブラシと糸ようじの使用を勧めてもらいました。歯石を除去したことにより歯と歯の間に隙間ができて歯間ブラシが通るようになったのです。

歯間ブラシと糸ようじはそれまで使ったことはなかったのですが、歯ブラシをしたあとに使うとまだまだ汚れが取れるのです。

今まで歯ブラシだけで磨けた気になってこんな汚れを放置していたのかと思うと落ち込むほどでした。

その日からせっせと歯ブラシをして歯間ブラシ、糸ようじを駆使する日々が始まりました。

最初のうちは出血するが歯茎の悪いものを出している出血なので問題ない、そのうち止まると言われていました。

その通り、初めは歯ブラシのたびに出血していましたが、だんだんと少なくなり、歯間ブラシと糸ようじにも慣れた頃には出血しなくなりました。

1回歯間ブラシや糸ようじで歯の掃除をすると、毎日しないと気持ち悪くてくせになってしまったような感じでした。

それからは4〜6ヶ月に1回くらい歯医者に行って歯石の除去をしてもらうようになりました。

これだけ丁寧に掃除しているつもりでも、だんだんと歯石はついてきてしまうそうです。歯石の除去で歯医者に行くと、虫歯のチェックもしてもらえますしとてもいい習慣になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です