歯磨きの正しいやり方を成人してから習いました。

私は小さい頃から虫歯になりやすく、虫歯になる度に、歯医者に行き治療していました。成人してから、母親の紹介で歯医者を変えました。虫歯の治療が終わると、先生にまた来週も来るように言われました。

なぜ虫歯の治療が終わったののに行かなくてはいけないのかと疑問に思いました。

歯医者さんに行くと待ち時間があったり、治療時間が長かったり、時間がかかります。治療代も高いです。

時間とお金の無駄です。

先生に歯磨きのやり方を教えてあげるから来なさいと言われ予約しました。

そして、予約した日に先生から言われていた自分の歯ブラシを持っていきました。

まず、先生に言われたのが歯ブラシの歯の当て方でした。

歯茎近くを細かくブラッシングするようにと言われました。その後も歯の裏の磨き方や、奥歯の磨き方など、みっちり教えてもらいました。あと、歯間ブラシや糸つまようじの使い方を教えてもらいました。

私のイメージでは歯の間を掃除すると、すきっ歯になるのではないか思っていました。

勇気を出して、先生にすきっ歯にならないのかと聞いた所、正常の場合、歯茎がしまっていて多少の隙間があると教えられました。

私の歯の間は汚れや歯垢なので詰まっていました。

一通りの磨き方を教えてもらった後、汚れをとる超音波清掃をやってもらいました。歯茎が痛くて最悪でした。清掃後、うがいをしたら、血が沢山出ていました。

先生が言うには、歯茎の状態が良くないから、血が出ると言われました。血が出ても問題ないとも言われました。

歯周病になりかけてるから、ちゃんと歯磨きするように言われ、1ヶ月後、また歯の状態をチェックするということで、予約して帰宅しました。

会計時、先生オススメの歯ブラシと歯間ブラシを買わされました。最初はちゃんとやってましたが、だんだん面倒になり、1ヶ月後の診察を迎えました。

まず、先生にちゃんと磨いていないことがバレて怒られました。

そして、歯の病気に関するプリントを読まされました。そして超音波清掃などを行い、また1ヶ月後、予約をして帰宅しました。

それからは真面目に先生に言われたとおり歯を磨きました。すると、黄色かった歯も綺麗になり、歯の間を綺麗になりました。先生にも褒められて、定期検診の間は1ヶ月から3ヶ月になりました。歯周病も完全に治りました。

それから虫歯は数年に1回になりました。

私は気付いたら、歯磨きが大好きなり、現在は電動歯ブラシ、奥歯用歯ブラシ、普通の歯ブラシ、更に歯間ブラシを3種類、糸つまようじ1種類使用しています。

出張や旅行にも必ず持って行きます。歯磨きのやり方を習い本当に感謝です。

 

舌を縫う

 

20歳ころだったと思いますが、虫歯になってしまい、以前お世話になった歯医者で治療をしてもらいに行った時のことです。いつもはちゃんと院長先生がやってくれるのですが、その日はたまたま見習い(研修中?)の若い歯科医師が担当にあたっていました。何か嫌な予感がしたのですが、院長先生はいつまでも他の患者のところに行っているし、仕方ないので治療を始めました。

虫歯の歯のところを削り始めましたが、やはりまだ研修中なのか、練習台なのか、手際も悪く時間もかかり、「いつまでこの人、削っているのかしら?」と思うほど長く削っていましたが、口の中に入れていた唾取りの吸引ホースが私の舌を吸い込み、それに削っていた器具が巻き込まれ、器具が私の舌の付け根を切り裂いたのです。

よく舌を噛めば死ねると聞きますが、本当に死ねるけど死ぬほどの痛さという痛みで、私の絶叫は病院中に響き渡るほどでした。周りにいた他の患者さんや歯科助手さん、受付の人がみんなびくびくして見ていたり、飛んできました。

その間、当の研修医はおろおろして器具を抜くこともできず、院長先生を大声で呼ぶばかり。院長先生はさすがに他の患者を置いてすっ飛んできましたが、血まみれの私の口を見て絶句しておりました。

当り前ですが水で口をゆすいでも後から後から血は止まらず出てくるばかり。院長先生は「治療は今日は止めて、(舌を)縫うぞ」と言って、研修医をどかせました。

結局舌の付け根を4針縫いました。

口の中を切っても縫うことはあるので珍しくはないと思うのですが、舌を縫うとは恥ずかしくて人には言えませんでした。

しかも舌を縫うと話したり、物を食べたりすることがものすごく大変になるのですね。縫い終わったときはもう医者も私もぐったりしていまして、助手のお姉さんもいつもより親切でした。

しかし、腹の立つことはその後もありました。

当の研修医はそれっきり私の前に出てこず、結局最後まで「すみません」の謝罪は一言もなく、院長は院長で「僕がやったんじゃないけど、失敗は誰にでもあるしね、今度は気を付けると思うし、運が悪かったね」という態度で、虫歯の治療もろくにしなかったのに「縫い賃だ」といわんばかりに普通に治療代を請求されました。

抜糸は1週間後でしたが、その時も治療費を請求されました。

「なんで、虫歯の治療に行ってその治療はしないで、舌を切られて金をとられなくてはならないのか?」何度考えてもわかりませんでした。しかも、その経緯を親に電話もしてくれませんでしたので、私が家に帰って不自由な舌で説明しなくてはならなかったのです。

さすがに親も「病院変えたら?」と言いましたが。

その後、抜糸が終わり舌の傷も何とか回復したころ、「他の病院に行ってください」と他の病院を紹介され、その病院には立ち入り禁止状態にされました。

私、何か悪いことしたんでしょうか?誰がこの場合、悪かったのか言わなくてもわかりそうなものですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です